賃貸契約書の契約期間の無意味さに驚きました

契約期間って必要ないのでは?

賃貸契約書に契約期間がある場合、普通はそれになんらかの意味があると思うじゃないですか。しかも、借り手は2年おきくらいに、かなりの金額を支払って、契約更新し、新たな契約期間を設定しているのです。あれほどまとまった金額を支払って、設けた期間です。借り手の権利がなにか得られたものと思うじゃないですか。ところがその契約期間にはまったく意味がなかったんですね。契約更新料をとる時期の目安でしかなかった。名称を変えたほうがいいんじゃないでしょうか。

契約期間に関わらず立ち退きを迫れる

契約更新料を支払って新たな契約期間を設定した直後、立ち退きを迫られることなんて普通にあります。では新たに設けた契約期間の意義は、契約更新料の意味は、と借り手としてはなるわけですが、家主側にとって、契約更新料は礼金のようなもので、契約期間内でも借り手はいつでも引っ越せるのだし、となります。住宅不足の時代の、貸し手市場の感覚のままです。契約期間内であっても、確かに借り手は解約予告期間分の家賃を支払えばいつでも引っ越せます。でも契約更新料を支払ったのは借り手です。

借り手に契約期間は必要ない

契約期間内でも立ち退き要求されるなら、借り手にとって契約期間は必要ありません。設定しなくてもいいのです。法律でも、解約予告期間は設定が義務付けられていますが、契約期間は違います。物件によっては設定していませんし、設定しなくてもいいものです。というか、契約更新料をとるために家主側が独自に設定しているもので、設定する必要がまったくないものです。でも言葉が重々しくて、契約更新料の支払いも伴うから、まさか無意味なものだとは思わなかったですよ。

札幌の賃貸の魅力として、特に大都市への通勤が便利であることや、間取りが優れていること等が挙げられます。