相続税対策としてやっておくべき行為とは!

出来るだけ贈与をしておくこと

相続税対策としてやっておくことがあります。それはまずはなんといっても贈与です。贈与にもお金が掛かることになりますが、それは実は例外もあります。それは非課税枠があるからであり、一人当たり110万円、ということになります。これが十分に活用できればかなり資産を譲り渡すことができるようになるでしょう。それも非課税で出来るわけです。子供の数、孫のだけ、これが出来ますから、十分にやっておくことです。その価値はあります。

マンションなどの家作を

家作を持つ、というのも実は相続税対策になります。何故かといいますとそれはまず評価が現金よりも低いからです。つまりは、6000万円の現金ではなく、6000万円のマンションのほうがかけられる税金が安いとなります。より正確にいえば6000万円でマンションを買ったとしてもその価値は6000万円ではないのです。不動産というのは購入した段階でいくらか価値が下がることになります。ですから、それを利用して相続税対策にしましょう。

有価証券もなかなかよいです

相続財産で問題となるのが即座に現金できない場合です。ですから、ある程度は現金で持っていたほうが良いことは確かではあるのですが、現金が既に新しく現金を生み出すこともなくなっていますから、それだけでは対策になりませんから、注意が必要といえます。では、どうすればよいのか、といいますと有価証券にしておくことです。現金と同じようなことではありますが配当がつくことがあります。税金対策ということではないですがお勧め出来る譲り渡し方です。

相続税対策に取り組みたい場合には、税理士や公認会計士などの専門的な資格を有するスタッフに相談をすることが大事です。