意外と知らない!賃貸契約にかかる必要経費

賃貸物件を借りる場合にかかる一般的な経費

賃貸物件を借りる際には、色々な経費がかかってきますが、まず、どの物件をかりるにしても最低限かかってくる費用としては、敷金や礼金、仲介手数料が必要になってきます。敷金については、万が一家賃を滞納してしまった場合に備えて支払うという意味もありますし、退去時の原状回復のための費用としても使用されることがあります。礼金については、昔からある慣習のようなもので、大家に対して支払う費用です。しかし、最近は礼金を取らない賃貸物件も増えてきています。仲介手数料に関しては、物件を紹介してもらった不動産会社に支払う手数料です。一般的には家賃の1か月分となっていることがほとんどです。

保障会社に支払う経費

これまでは、賃貸物件を借りる際には保証人の存在が必要でしたが、最近では保証人がいなくても賃貸物件を借りることができるようになってきました。ただし、保証人がいない場合は、保証会社を利用することになりますから、その加入費用がかかってくることになります。加入にかかる費用としては、家賃の30パーセントから50パーセントくらいの費用となり、利用する保証会社によっても異なってきます。ですから、保証人不要の賃貸物件がある場合は、保証会社に加入するための費用が発生すると考えておいた方がよいでしょう。

カギの交換費用がかかる場合がある

一般的にかかる賃貸物件の経費以外にも、場合によってはカギの交換費用がかかることがあります。これは防犯対策として、以前に入居者がいた場合、入居時にカギの交換費用を請求することがあります。カギの交換費用としては、およそ15000円から20000円くらいが相場となっています。また、火災や盗難などに備えて、火災保険や家財保険に加入することが条件となっていることも多いです。これらの費用としては、2年契約でおよそ10000円から20000円くらいが相場となっています。

農業が基幹産業となっており、環境モデル都市にも認定されている帯広市は、食料品加工などの製造業も盛んです。住宅地も多く、賃貸物件も多数あることから、帯広市の賃貸物件のデメリットは見受けられません。