時代はオール電化?賃貸選びで考慮すると良い人気の理由

高まるオール電化の人気

賃貸物件は昔からあるものではガスと電気を併用しているものが多いですが、オール電化の物件も見られるようになってきました。オール電化の人気が高まっていることを受けて、付加価値を付けるためにオール電化に切り替えている物件もよく見られるようになっています。給湯器をガスから電気に切り替えたり、ガスコンロを撤去してIHクッキングヒーターを用意したりするコストがかかるものの、それに見合った人気があることから注目されています。

電力自由化による節電の後押し

オール電化は世の中に登場した当初から人気がありましたが、電力自由化によって様々な電気料金プランが各社から提供されるようになり、その人気に拍車がかかっています。節電をする傾向を後押ししているのも電力自由化であり、オール電化にするとガス代を別に考えなくてよくなることからエネルギーに関わる費用を一本化して考えられるというメリットもあって選ばれるようになっているのです。賃貸物件を選ぶ上で重要項目に上げる人が増えているのは電力自由化による影響もあります。

災害時にも復旧が早いメリット

大震災が相次いで起こったことを受けて、ライフラインの供給に不安を抱く人も多くなりました。賃貸物件を借りて、建物は無事でもライフラインの供給がなくなっては生活できないと考えるのももっともなことでしょう。その際にオール電化が目を向けられるのはガスと電気で比較をして、災害時に復旧が早いのが電気だからです。ガス給湯器になっているとお風呂に入れず、料理もできない生活を余儀なくされますが、オール電化にしてあるだけでその問題が解決されます。これが賃貸物件でオール電化が人気になっている理由なのです。

札幌市内では北区に次いで人口が多い東区は、住宅地や商業施設、医療機関などが多く生活環境が整っている区となっています。一方で、札幌市東区の賃貸物件のデメリットに関しては、特に無いと言えます。