帳簿をつけよう!マンション経営で欠かせない税金対策

マンション経営デビュー時に注意が必要な出納管理

マンションを購入して経営することを始めると、家賃収入が入ってくることをただ喜んでしまう人もいます。しかし、マンション経営は一つの事業であり、所得を得たら税金を払わなければならなくなるのは必然です。どれだけの家賃収入があったのかに基いて確定申告をしないと脱税になってしまいます。出納管理をしっかりと行うように注意しましょう。その際に帳簿を作って全てを書面管理しておくことが税金対策として重要になります。

出費についても管理が大切

マンション経営を始めたときに収入について所得に追加して確定申告すれば良いと考えてしまう人もいます。それで問題がないといえば確かですが、税金の納めすぎになってしまうことには留意しましょう。経営をしているときには必要経費としてかかった費用については控除を受けることができます。修繕費用や事務経費など、マンション経営で必要になった費用については帳簿に記録して収支を明らかにした上で確定申告をすることが大切です。

困ったら公認会計士に相談

税金対策をするのはマンション経営をする上で重要なことです。複式簿記を行って青色申告をしたり、減価償却を利用して節税したりすることも考えられるようになると効率的に節税をして稼げるようになるでしょう。しかし、デビューしたての頃にはそこまで頭が回らないこともよくあります。少し費用をかけてでも適切な出納管理と税金対策をするために、公認会計士に相談するのも賢明な考え方です。慣れるまではプロに教わるという視点を持つと、将来的には無駄のない会計を行っていくことができます。

マンション経営は、場所、築年数、税金などもしっかりと考えて計算した上で行ってください。利益に繋がる率が変動します。